粉末冶金は、金属製品を製造する一つの工法です。その工程は、金属粉末を金型で所定の形状に圧縮成型し、熱処理(焼結)で金属粉末粒子同士の機械的結合を高めます。その結果、ネットシェイプ又はニアネットシェイプの製品が得られます。

焼結部品は、「少ない」事が多くあります。少ない工程数、少ない加工工程、少ない廃棄材料とエネルギー消費、そして少ないトータルコスト等です。更に、焼結部品は、その個別の用途に合わせた材料及び設計が可能で、他の工法では不可能か極めて困難な要求にも応える事が可能です。

メリット:

  • 自然環境に優しく安定的で高信頼度の製造工法
  • 少ない工程数で最少の廃棄材料と追加加工工程
  • ユニット当たり最少の製造コスト
  • 幅広い材料選択肢
  • 高度な設計自由度 

お問い合わせ Kondo

Top