土壌/地下水の浄化

Cleanitで土壌汚染を効果的に除去

土壌汚染を除去するには、地下注入と土壌混合が一般的な工法です。 Cleanit®は、幅広い粒径と高い反応性をもつため、これらの両方の工法において適用できます。

土壌汚染を除去するためのさまざまな方法

地下注入工法では、化学的混合物(炭素源、pH緩衝剤などを含む)を含む比較的細かいZVI媒体が地下土壌に直接注入されます。 土壌混合工法では、地面または浅い地下の土壌に化学的混合物およびZVI媒体が機械的に混合されます。

透過性反応性浄化壁(PRB)工法は、現場での土壌改良のために使用される工法です。 汚染された地下水は透過型浄化壁(PRB)(粗粒のZVI媒体で満たされた溝)を透過し、汚染物質はPRBにより除去されます。

地下水の浄化に関しては、ポンプ・アンド・トリート法が一般に現場外の処理方法として使用されています。 汚染された地下水はポンプアップされた後、ZVI媒体を詰めた垂直カラムを通して処理されます。

3つの異なる方法: 注入工法、機械的土壌混合工法、透過型浄化壁工法

Cleanitで土壌汚染を浄化

Cleanit媒体は、幅広い粒径と高い反応性をもつため、これら全ての工法において適用できます。 現在、Cleanit SIは土壌注入工法用、Cleanit SBは土壌混合工法用、Cleanit SRはPRB工法用に設計されています。 Cleanit SIのZVIは、お客様が必要とされる粒子分布範囲に合わせて(10 µm未満、45 µmまたは100 µm未満など)カスタマイズすることができます。

特長