汚染された飲料水の浄水技術
成功事例

革新的な金属粉の技術が汚染された飲料水を安全に浄化

Höganäsの費用対効果の高いCleanit® LC技術 – 現在、カリフォルニア環境保護庁(EPA)から条件付き承認を取得。– 飲料水から汚染物質を検出不可能なレベルまで取り除きます。

課題

2014年、EPAは、飲料水中の六価クロムの最大汚染レベル(MCL)を1リットルあたり10㎎以下に規定しました。 カリフォルニアの多くの水道水は、この基準に準拠していないため、汚染レベルを下げ新しい基準に適合するために費用対効果の高い、安全かつ効果的な解決策に対する需要が高まりました。

解決策

Höganäsは、Cleanit LC技術の有効性を実証するために、カリフォルニア州ロスバノス市の浄水処理が困難な井戸水での実証試験を実施しました。 

Cleanit LCは、発がん性がある六価クロムを三価クロムに還元する環境をつくり、汚染された水を飲料水として安全に飲めるように浄化します。 三価クロムは水処理用に特別に設計された鉄複合材料からなる層に付着します。この層は多孔質表面構造を持ち、より多くの汚染物質を保持し、効果的な還元反応を可能にします。 水に含まれた汚染物質は安定的に結合され、検出されないレベルまで効果的に取り除くことができます。 

結果

このパイロットプラントは大きな成功をおさめ、Cleanit LC技術は、2018年に権威ある世界的環境機関であるカリフォルニア州水道局飲料水部門(DDW)から条件付き承認を授与しました。 Cleanit LCは特に費用効果が高く、他の浄水処理工程とは異なり、処分が困難な濃縮された危険で二次処理が必要な廃棄物は発生しません。 実際に浄水処理工程で発生した残りの粉末はHöganäsで再利用されています。

この実証試験は、ほんの始まりにすぎません。 MCL(最大許容汚染濃度)の規制の施行が遅れたにもかかわらず、2019年に新基準が施行されるとともに、Cleanit LC技術はロスバノスの現場で採用されます。 今後、カリフォルニア州の他の公営水道システムでも、このソリューションは採用されることでしょう。

他のCleanit LCのメリット:

  • 操作は簡単で費用対効果が高く、既存の処理方法にように多くの化学薬品を必要としません。
  • Cleanit LCは汚染物質を検出されないレベルまで除去するため、処理された水を未処理原水と混ぜても規制基準を満たすことができます。
  • これは未来を見据えたソリューションです。MCL(最大許容汚染濃度)の規制基準がより厳しくなっても、Cleanit LCは汚染物質を検出不可能なレベルまで除去するので、常に規制に準拠できます。
  • 浄水処理工程で発生する粉末のリサイクルが可能ではない場合は、この無害な「廃棄物」粉末は処理を必要とせず安全に処分できます。
  • 六価クロムだけでなく、複数の汚染物質を一度に除去できます。
  • 処理は自動化でき、日常的なメンテナンスは必要としないので、労力を大幅に削減できます。

技術的な詳細については、こちらを参照してください。