ルイ・ルバーン
ヘガネスs

トーチを受け継ぐ

2020年1月23日に、ヘガネスチームは、ルイ・ルバーンを、ヘガネスの環境ソリューションの新しいプレジデント兼ゼネラルマネージャーとして迎えました。 ルイ・ルバーンは、水処理、廃水処理技術の商業化でヘガネスチームに25年以上の経験をもたらしました。 「私はヘガネスの成長を次の過程へと導くことを支援できることに、非常に興奮しています」「また、素晴らしい製品と未来が待ち受けていると確信しています。」とルバーンは言っています。 ルバーンは、この新しい役割で、部門スタッフと世界的なプロジェクト戦略および執行に責任を負います。

同時に、前プレジデントのアヴァナッシュ・ゴアはヘガネスの組織に対する18年間の模範的な貢献を経て引退を発表しました。