事例紹介

すべての事業拠点で、私たちは、積極的で透明な対話を維持し、コミュニティに私たちの事業についての情報を発信し、コミュニティの見解に耳を傾ける責任を負っています。 さらに、地域の住民からの自発的なフィードバックを歓迎し、すべての拠点で問い合わせや苦情の窓口を設けています。

最大の生産拠点である、スウェーデンのヘガネスとハルムスタードでは、不定期のニュースレターとして Insikt (スウェーデン語)が発行されています。これは、紙面で年に2-3回発行され、配布されています。 私たちのブラジルの工場は、レストランや店舗のある居住地区から非常に近い場所にあり、ここでは Conexão(ポルトガル語のニュースレター)を発行しています。 またニュースレターの発行がない月でも地域ウェブサイトを定期的に更新しています。 ニュースレターでは、、コミュニティの見解や質問を共有するよう奨励しています。 地域住民や地方自治体との開かれた対話から、地域のインフラストラクチャーに関するいくつかのプロジェクトの成功につながりました。

すでにグループ内にある良い事例からのインスピレーションをもとに、私たちは、すべての拠点で関係者との対話を行うための一貫した方法「ヘガネスの手法(ヘガネスウェイ)」の作成を進めています。