キャリア

私は将来を見極めています

1980年代にポーランドで子ども時代を過ごしたLukasz Karasは、壊れた家電製品を分解して、それらがどのように動作するかを見て、修理する方法を学びました。 「当時の私の国では、新しい家電を購入するのは困難だったので誰でも修理していました」と彼は語ります。 「現在の使い捨て社会とは違いました。」

Lukaszはミキサーやボイラー、洗濯機やレコードプレーヤーを修理しました。 「特に才能があったと思っていません」と彼は語ります。 「ただ、修理する必要があったのです。」

Lukaszは、モノがどのように作られ、どのように動くかについての子供のころから興味があり、KrakowのAGH University of Science and Technologyで粉末冶金学の学位を取得しました。 大学卒業後、彼はHöganäsに就職してスウェーデンに移る前に、オーストリアの焼結部品メーカーでの役職を歴任しました。

現在、LukaszはHöganäsのBusiness Area Automotiveのビジネス開発エンジニアです。 彼はHöganäsのTotal Powder Metallurgy Carプロジェクト(別名Teardownプロジェクト)で重要な役割を果たしました。 このプロジェクトでは、世界中の同僚とチームを組み、3つの最新モデルの車を全て分解し、自動車における新しい用途でPMの可能性を探索しました。 「私は会社の将来を探索し、見極めます」と彼は語ります。

現在、高資格エンジニアとして新車を分解するのは、子供のころに家電製品を分解したのと同じくらい楽しいですか? 「同じような満足感を味わっています」と彼は語ります。 「特に、あらゆる種類の工具や経験豊富な技術者がいる修理工場で作業できるので。 子どものころは、このようなものはありませんでした!」