サンドラ・ニルソン、土木技師
キャリア

ヘガネスでのサンドラのページの国際リンク

サンドラ・ニルソンは20年前にヘガネスで夏期インターンを経験し、非常に前向きな印象を受けました。 昨年、彼女はディスタロイ工場の生産開発責任者としてヘガネスに戻ってきました。

学生だったサンドラはヘガネスで夏期インターンを経験しました。この数年にわたり、サンドラは、会社の成長を興味深く見守ってきたと言います。 サンドラは、科学修士号を取得してから、当初はルンドで働いていました。 しかし、彼女は家族と一緒にヘガネスの街に戻ってくることになりました。

「ヘガネスは長い魅力的な歴史を持っており、私はその成長の一端を担えることを本当に嬉しく思います。 加えて、小さな会社だったヘガネスが、世界をリードするグローバルな会社に成長するまでの道のりを知ることは、本当に刺激的です」とサンドラは言っています。

彼女は、会社の世界的事業展開が、ヘガネスで働くことを決めた理由の1つだったと説明しています。 彼女は国際企業で働いたことがあり、より幅広い事業コンテキストのメンバーであることは、肯定的な雰囲気を作り出すと感じていました。

世界中にお客様と社員と生産工場があり、現在のディスタロイ工場の生産開発責任者として国外の担当者とも多くの関わりがあります。

「私は、これまで主に開発部門で働いてきましたが、生産現場は開発よりもはるかにペースが速い職場です。 私たちは迅速に業務決定を下す必要があり、その決定は製品品質とヘガネスの顧客に直接影響を及ぼします。 常に試みを続けており、私たちの職場は刺激的であると感じています。」

サンドラは、ヘガネスの会社としてのイメージは、今も非常に肯定的なままであり続けていると言います。 会社はスタッフを気遣い、誰もが仕事を楽しんでいます。また多くの人が会社に長年勤めています。 サンドラは、生産部門で働く比較的少数の女性の1人ですが、彼女にとってはまったく気にならないと言います。

「もちろん、生産部門では主に男性が多く働いていますが、女性もより多く参加するようになっています - また、男性と女性の比率はまったく関係ありません。ヘガネスは、素晴らしい人々のコミュニティを持つ、現代の先進的な会社です。」