持続可能性(サステナビリティ)

金属粉末で違いを生み出す

一目でわかるヘガネス

7.1 %

2010年以来のエネルギー消費削減幅

25,400

トンのCO2 排出を、再生可能資源から発電された電気の使用によって削減

16 %

の同僚を女性が占めています

80 %

の全プロセス関連 使用材料の残りが再使用または有効活用されています 

持続可能な成長はただ一つの選択肢

私たち、また私たちの顧客の繁栄と成功は、健全な社会と自然環境が前提となっています。 しかしながら、人口増加、資源不足、気候変動および社会的不平等のようなこの健全性を脅かす課題があります。 このため、私たちは持続可能性の問題に積極的に取り組み、鉄鋼業界内の持続可能性のベンチマークになる目標を設定しました。

財務健全性と成功は、私たちのまわりの環境および世界を無視していては達成できません。 また、その逆も成り立ちます。 ヘガネスでは、これは持続可能な成長の核心を成すものです。

ヘガネスは会社として、 金属粉体ソリューションとノウハウを通じて違いを生み出します。 私たちは現在の産業において金属粉体の使用を拡大できる、また拡大すべきであると信じており、これらを通じて持続的成長に寄与することができると確信しています。 このため、私たちはビジョンとして“Inspire industry to make more with less”(産業にインスピレーションを提供し、より多くの生産をより少ない材料で実現する)を掲げています。

ヘガネスは国連グローバルコンパクト(UNGC)に参加ヘガネスが国連グローバルコンパクト(UNGC)に参加 この自由参加の企業連帯イニシアチブは2000年に始まり、世界中のビジネスに対し、持続可能で社会的に責任有るポリシーを採用導入するよう促進しています。 私たちは、UNGCの人権、労働、環境および腐敗・贈収賄の各分野の10の原則を支持し、かつ持続可能な成長を達成するために継続的な努力を行ってきています。

国連グローバルコンパクト(UNGC)ウェブサイトを開く

化石燃料由来の石炭と化石燃料から、再生可能な代替物質に移行するための私たちの取り組み

弊社の活動

持続的成長可能性(サステナビリティ)計画

ヘガネス社のサステナビリティ計画は、大きな対策をとるべき分野にここ数年フォーカスしています。

フォーカス分野

Workplace 社員にとって適切な条件でアクシデントがなく、健全に働ける職場

Society 個々人が論理的基準を維持し、責任ある行動により形成される個々人が論理的基準を維持し、責任ある行動により形成される社会

Climate 再生可能で、エネルギー効率が良く、環境影響の少ない調達原料をどう選ぶかなど、我々の活動による環境影響や温室効果ガス排出の影響を受ける気候

Environment 私たちの活動や、使用する材料や化学物質に影響を受ける環境

Products 低炭素社会に適した循環型で原料・エネルギー効率がよく、また、顧客要求をどのように達成するかにフォーカスされた製品

Höganäs sustainability strategy