コミュニティの形成と責任あるパートナーシップの構築

私たちの社会的責任

ヘガネスでは、どんな場所でもよき市民として、人権、労働者の権利、腐敗・汚職防止と環境保護について、常に高い水準を保つことを目指しています。 この取り組みは、私たちのパートナーにも及びます。

私たちはグローバルな企業ですが、業務は多くの地域のコミュニティに大きな影響を及ぼします。 私たちの成功は、コミュニティの繁栄と一体です。 私たちが事業を行う社会との対話、透明性およびパートナーシップは不可欠の要素です。 私たちは、事業を行うコミュニティの声を積極的に求めていますが、このエリアにはまだ改善の余地があります。

グローバルな生産現場のすべてで、私たちは地域コミュニティに参加し、地域の組織を支援しています。 

ビジネス倫理と腐敗・汚職防止

ヘガネスはその歴史を通じて、すべての取引関係で高い倫理基準を保ってきました。これは私たちが慎重に守るべき強い伝統です。 私たちは、あらゆる形態の汚職および非倫理的な慣行に反対します。

私たちは、トレーニングと自己申告、監査および通報のような内部統制制度によって、私たち自身の業務が行動規範に沿ったものであることを確実にしています。 

世界の変化と市場に歩調をあわせるために、行動規範と贈収賄防止方針は定期的に見直し、更新と改定が行われ、その関連性と包括性が保証されています。

調達における社会的責任について詳しく読む

開かれた対話への招待

開かれた対話への招待

すべての事業拠点で、私たちは、積極的で透明な対話を維持し、コミュニティに私たちの事業についての情報を発信し、コミュニティの見解に耳を傾ける責任を負っています。 さらに、地域の住民からの自発的なフィードバックを歓迎し、すべての拠点で問い合わせや苦情の窓口を設けています。

最大の生産拠点である、スウェーデンのヘガネスとハルムスタードでは、不定期のニュースレターとして Insikt (スウェーデン語)が発行されています。これは、紙面で年に2-3回発行され、配布されています。 私たちのブラジルの工場は、レストランや店舗のある居住地区から非常に近い場所にあり、ここでは Conexão(ポルトガル語のニュースレター)を発行しています。 またニュースレターの発行がない月でも地域ウェブサイトを定期的に更新しています。 ニュースレターでは、、コミュニティの見解や質問を共有するよう奨励しています。 地域住民や地方自治体との開かれた対話から、地域のインフラストラクチャーに関するいくつかのプロジェクトの成功につながりました。

すでにグループ内にある良い事例からのインスピレーションをもとに、私たちは、すべての拠点で関係者との対話を行うための一貫した方法「ヘガネスの手法(ヘガネスウェイ)」の作成を進めています。

地域組織への支援

世界すべての拠点で、私たちには周囲の地域コミュニティを支援してきた長い歴史があります。 私たちの最も 大きな寄与は、恵まれない地域の子供たちの教育、地域の消防署、青少年スポーツ振興支援を対象としています。

事例紹介

「私たちは、地域コミュニティとの効果的かつ透明な対話を継続する責任を負っています。」

Ulrika Rask-Lindholm、
コミニュケーション担当 上級副社長