工程

お客様の3Dプリンティングに適した金属粉がPowderFinderで見つかります

指向性エネルギー堆積法による早い造形速度と高密度の製品

指向性エネルギー堆積法(DED)は一般的な金属付加製造工程です。 指向性エネルギー堆積法では、熱エネルギーを一点に集中させて使用することで、金属材料を置かれた場所で熔解させ、融合させます。

熱エネルギーを一点に集中させるとは、高出力レーザー、電子ビームあるいはプラズマアークのようなエネルギー源を集中させることで、ビーム(レーザーまたは電子)や電極(プラズマアーク)の焦点に供給された金属粉を溶融する手法です。 したがって、指向性エネルギー堆積法は、粉末及びワイヤーフィードレーザー(LBAM)、ワイヤー材料電子線(EBAM)、またプラズマ・アーク溶接(溶接)の、3つの融解工程技術を含んでいます。

典型的には、ノズルが多軸アームにマウントされ、指定された表面に溶かした金属粉を堆積させ、凝固させます。 堆積ヘッドは、CADファイルによって定義された軌道で移動し、同時に材料層が一層ずつ適用されます。 典型的な方法として、不活性ガスで満たされた密閉密封チャンバあるいは部分的に不活性シールド・ガスが使用され、メルトプールを大気中の酸素から保護します。 これによって、指向性エネルギー堆積法による工程中での材料特性をよりよくコントロールすることができます。

指向性エネルギー堆積法はニッケル合金ステンレス鋼コバルト合金およびチタン、その他特殊材料や合成材を含む広範囲の材料で使用できます。 この工程は新しい金属製部品製造に使用でき、例えば表面処理と修理など既存の部品への材料を付加する、あるいは新しい機能を追加するために利用することができます。

ヘガネスの積層造形用製品ポートフォリオ は指向性エネルギー堆積法に適した様々な粉体も含んでいます。

Powder Finder(粉末ファインダー)

お問い合わせ

営業・技術サポート
詳細情報およびご要望は、各販売会社にお問い合わせください。
問い合わせ
問い合わせフォーム
担当者
Technical area: Additive manufacturing
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
最高経営責任者(CEO)/オーナー 調達 設計技術者 ビジネス開発者 機械装置オペレータ その他

お問い合わせいただきありがとうございます

{{contact.TechnicalArea}}について{{contact.TypeOfContact}にお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
後ほど担当の者より折り返しご連絡いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

エラーが発生しました

プライバシー保護に関する方針

私は、ヘガネスが、私と連絡をとる目的で、私の個人データを利用することに同意します。 また、私の連絡先情報をニュースレターやその他関連情報といったマーケティング目的に使用することに同意します。 データが第三者と共有されることはありません。 また、16歳以上であることを認めます。

個人情報の取扱いに関する詳細は、弊社のプライバシー保護方針でご確認いただけます。

利用規約に同意します
You must accept the terms of service before you can proceed. 利用規約に同意する必要があります。
Technical area: Additive manufacturing
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
{{contact.name}}
{{contact.name}}
販売会社
{{contact.position}}
{{contact.name}}
{{contact.name}}
{{contact.position}}

積層造形ニュースレター

ヘガネスの金属3Dプリンティングに関する見識およびニュース
今すぐ申し込む

Subscribe to additive manufacturing newsletter
Firstname
Lastname
Email
Country
Yes please, I'd like to subscribe to insights and news about additive manufacturing
Additive manufacturing

Our email address policy

Manage subscription