ほとんどの3Dプリンタに適合する柔軟な積層造形用材料ポートフォリオ

お客様の3Dプリンターに向けた金属粉の高い有用性と幅広い選択肢

ヘガネスの積層造形用金属粉は、世界で最も有名な3Dプリンター・メーカーから広範な3Dプリンターブランドまで多くの積層造形技術で利用できます。 一般的な3Dプリンターメーカーおよびそれぞれの3Dプリンターで使用する積層造形工程について以下からお読みいただけます。

粉末床レーザー融解法(LPBF)は、3Dプリンティング技術として最も一般的に使用されています。 この方式の3Dプリンターを開発するメーカーは、ドイツのEOS、SLMソリューション、Concept Laser、TrumpfおよびDMG森精機、アメリカのメーカー(Velo3Dと3Dシステムズ)、英国Renishaw、フランスのAddUp、オランダの Additive Industries およびオーストラリアのAurora Labs が含まれます。

3Dプリンターで指向性エネルギー堆積法(DED)を採用するメーカーは、Trumpf、DMG森およびCoherent(すべてドイツ)、フランスBeAMおよびアメリカOptomecなどが有ります。

バインダージェット方式は、金属部品3Dプリンティングのもう一つの一般的な工法です。 ここで、弊社の3Dプリンティング用金属粉は、スウェーデンのDigital Metalの他、Desktop Metal, HP, ExOne 及び GE Additive(この4社はアメリカに本拠があるメーカー)などのプリンターに使用することができます。

電子ビーム溶解法(EBM)は次のメーカーの3Dプリンターで使用されます: Arcam(スウェーデン)、Freemelt(スウェーデン)およびJeol(日本)。 最後に、低温噴霧3Dプリンティングを使用する3Dプリンターは、オーストラリアの会社Titomicおよびドイツの生産者Impact Innovationsのプロダクトを含んでいます。

まとめると、ヘガネスの3Dプリンティング用金属粉末製品群は、金属積層造形においてここで紹介したすべてのメーカーで製造されたすべての3Dプリンターおよび多様なあらゆる方式と技術で使用する事ができます。

営業・技術サポート部への問い合わせ

詳細情報およびご要望は、各販売会社にお問い合わせください。
お問い合わせ
問い合わせフォーム
担当者
Technical area: Additive manufacturing
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
最高経営責任者(CEO)/オーナー 調達 設計技術者 ビジネス開発者 機械装置オペレータ その他

お問い合わせいただきありがとうございます

{{contact.TechnicalArea}}について{{contact.TypeOfContact}にお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
後ほど担当の者より折り返しご連絡いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

エラーが発生しました

プライバシー保護に関する方針

私は、ヘガネスが、私と連絡をとる目的で、私の個人データを利用することに同意します。 また、私の連絡先情報をニュースレターやその他関連情報といったマーケティング目的に使用することに同意します。 データが第三者と共有されることはありません。 また、16歳以上であることを認めます。

個人情報の取扱いに関する詳細は、弊社のプライバシー保護方針でご確認いただけます。

利用規約に同意します
You must accept the terms of service before you can proceed. 利用規約に同意する必要があります。
Technical area: Additive manufacturing
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
{{contact.name}}
{{contact.name}}
販売会社
{{contact.position}}
{{contact.name}}
{{contact.name}}
{{contact.position}}