工程

お客様の3Dプリンティングに適した金属粉がPowderFinderで見つかります

バインダージェット方式で3Dプリンティングによる部品を造形する場合、サポート構造を除外できます

粉末床融合と同様に、バインダージェット方式も一連の積層造形工程です。 バインダージェット方式では、バインダーが粉末床上に噴霧され、固形の部品を形成するためにその領域の粉末を接合し一度に一層ずつ造形されます。 粒子状の金属、砂およびセラミックスは、バインダージェット方式で最も一般的に用いられる材料です。

バインダージェット方式では、リコーティング用ブレードで、造形箱に粉末の薄い層を敷広げます。 インクジェットノズルを備えたカートリッジが、粉末床の上を通り、選択的に粉末粒子を接合するバインダーを噴霧します。 一つの層が完了すると、造形箱の底板が下降し、ブレードが新たに部品の表面に粉末層を塗布します。 その後、部品全体が完了するまで、この工程が繰り返されます。 プリンティング後、造形部品は粉末内に閉じ込められた状態になっています。 その後、熱処理によって強度を高めます。 部品は粉末床から取り出され、未固化の粉末は除去されます。

バインダージェット式プリンタから取り出された部品は「グリーン」の状態です。 したがって、バインダージェット方式で作られた部品は後処理工程として焼結し強度を付与します。

バインダージェット方式は、低コストの3Dプリンティング金属部品、フルカラーの石膏製試作品および大型の鋳物用砂型製造に適しています。  

ヘガネスは、現在バインダージェット方式による金属粉の新しい部品生産設備への投資を行っています。

Powder Finder(粉末ファインダー)

お問い合わせ

営業・技術サポート
詳細情報およびご要望は、各販売会社にお問い合わせください。
問い合わせ
問い合わせフォーム
担当者
Technical area: Additive manufacturing
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
最高経営責任者(CEO)/オーナー 調達 設計技術者 ビジネス開発者 機械装置オペレータ その他

お問い合わせいただきありがとうございます

{{contact.TechnicalArea}}について{{contact.TypeOfContact}にお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
後ほど担当の者より折り返しご連絡いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

エラーが発生しました

プライバシー保護に関する方針

私は、ヘガネスが、私と連絡をとる目的で、私の個人データを利用することに同意します。 また、私の連絡先情報をニュースレターやその他関連情報といったマーケティング目的に使用することに同意します。 データが第三者と共有されることはありません。 また、16歳以上であることを認めます。

個人情報の取扱いに関する詳細は、弊社のプライバシー保護方針でご確認いただけます。

利用規約に同意します
You must accept the terms of service before you can proceed. 利用規約に同意する必要があります。
Technical area: Additive manufacturing
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
{{contact.name}}
{{contact.name}}
販売会社
{{contact.position}}
{{contact.name}}
{{contact.name}}
{{contact.position}}

積層造形ニュースレター

ヘガネスの金属3Dプリンティングに関する見識およびニュース
今すぐ申し込む

Subscribe to additive manufacturing newsletter
Firstname
Lastname
Email
Country
Yes please, I'd like to subscribe to insights and news about additive manufacturing
Additive manufacturing

Our email address policy

Manage subscription