蒸着技術

フレーム溶射

フレーム溶射は、吹付と溶融の2段階の工程の溶射工法で、緻密な表面被覆と金属間接合が得られます。 本工法は、自動化に適しており、円筒状の製品への溶射が可能です。

工程

フレーム溶射は、吹付と溶融の2段階の工程の溶射工法で、まずスプレーガンで粉末を吹き付けてからトーチで溶着します。 粉末は、オキシアセチレンまたはオキシ水素を使ったスプレーガンに注入され、 処理加工する表面に高速で吹き付けられます。 加熱された粒子は、基材と衝突すると平らになり、機械的結合を形成します。

続いて表面に緻密に結合した皮膜を得るための融合処理が行われます。 吹き付けられた皮膜は固相線と液相線の間の温度、約1000℃まで加熱されます。

融合により溶融物が粒子間の隙間に入り、15~20%の収縮が発生します。

典型的な動作範囲

  • 蒸着速度: 1~9 kg/時
  • 蒸着の厚み: 0.1~3 mm
  • 硬さ: 38~61 HR

特長

  • 使い方が簡単:わずか2ステップ(上記参照)
  • 厚み0.1~3 mm
  • ワイヤーより滑らかな表面

フレーム溶射工程における問題

フレーム溶射の問題解決
問題 原因 解決策
蒸着がはがれる

1. 表面の前処理が不十分(表面の酸化または油分)
2. Ra 5を超える表面粗さが必要
3. 予熱温度が低すぎる
4. 予熱温度が高すぎる

表面を十分に清浄にする
十分にサンドブラストする
Ra10を超える表面粗さが望ましい
予熱温度を上げる
予熱温度を下げる

割れ

1. 過熱
2. 冷却が速すぎる
3. 基材の硬化

冷却速度を低くする / 冷却を制御する

多孔性

1. 表面の前処理が不十分

2. スプレーパラメーターが不適切
3. スプレーの距離が不適切
4. スプレーガンのシールが不十分
5. スプレーガンの粒子分布が不適切
6. 粉末/酸化粉末中の酸素濃度が高すぎる
7. 粉末に中空粒子が含まれている

表面を十分に清浄にする 
十分にサンドブラストする
パラメータを調整する
距離を調整する
シールを交換する
適切なパラメーターを選択する
ラムダを調整する
粉末を交換する

Jarvie Engineering Pty Ltd提供

ArcXコーティングハブ

イノベーションはここから始まります

4つの技術センターでは、材料、表面溶接、フレーム溶射工程およびお客様の用途の専門知識を提供し、既存の用途を最適化及び新しいビジネスチャンスの開発を支援します。

技術センターの詳細はこちら