蒸着技術

大気プラズマ溶射とは?

大気プラズマ溶射は、非常に汎用性の高い溶射プロセスです。大気プラズマ溶射では、プラズマアークを通して溶融粉末材料を対象製品の表面に噴霧します。

大気プラズマ溶射(APS)プロセスでは、10,000 °C 以上のプラズマジェットで金属または合金を溶かし、基面上に溶着させます。

大気プラズマ溶射は幅広い材料に使用でき、高品質で再現可能な皮膜を形成します。多くの場合、摩耗、腐食、酸化からの保護、断熱など基板の機能を改善するために使用されます。

大気圧プラズマ溶射は、粉体プラズマ溶接と本質的に同様の技術を使用しますが 、電気励起された高速高温(約15,000°K)のプラズマ ・ジ ェッ トフレームにより 高密度の表面被覆(95~98% )を実現できます。成膜速度は 2 〜 8 kg/ 時で、表面厚さは 0.1 〜 2.5 mm です。

大気プラズマ溶射は、非常に汎用性の高い溶射プロセスです。

営業・技術サポート部への問い合わせ

詳細情報およびご要望は、各販売会社にお問い合わせください。
お問い合わせ
問い合わせフォーム
担当者
Technical area: 表面被覆
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
最高経営責任者(CEO)/オーナー 調達 設計技術者 ビジネス開発者 機械装置オペレータ その他

お問い合わせいただきありがとうございます

{{contact.TechnicalArea}}について{{contact.TypeOfContact}にお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
後ほど担当の者より折り返しご連絡いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。
/Höganäs

エラーが発生しました

プライバシー保護に関する方針

私は、ヘガネスが、私と連絡をとる目的で、私の個人データを利用することに同意します。 また、私の連絡先情報をニュースレターやその他関連情報といったマーケティング目的に使用することに同意します。 データが第三者と共有されることはありません。 また、16歳以上であることを認めます。

個人情報の取扱いに関する詳細は、弊社のプライバシー保護方針でご確認いただけます。

利用規約に同意します
You must accept the terms of service before you can proceed. 利用規約に同意する必要があります。
Technical area: 表面被覆
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
{{contact.name}}
{{contact.name}}
販売会社
{{contact.position}}
{{contact.name}}
{{contact.name}}
{{contact.position}}
Jarvie Engineering Pty Ltd提供

ArcXコーティングハブ

イノベーションはここから始まります

4つの技術センターでは、材料、表面溶接、フレーム溶射工程およびお客様の用途の専門知識を提供し、既存の用途を最適化及び新しいビジネスチャンスの開発を支援します。

技術センターの詳細はこちら