蒸着技術

粉末溶接

粉末溶接は滑らかで高密度な表面被覆を形成し、多くの場合、機械加工をほとんど行う必要がありません。 トーチは簡単に使用できます - 調整するのは炎だけです。

工程

粉末溶接は、基材に拡散結合することにより、滑らかで高密度な表面被覆を形成します。 標準的なオキシアセチレントーチを使用し、付属するホッパーから粉体が火炎中に供給されます。

この工法は、典型としてガラス金型、より小さい部品や修理に使用され、鋳鉄製および機械加工された部品の修理(エッジおよびコーナーの加工など)に特に適しています。

典型的な動作範囲

  • 蒸着速度: 0.5~2.5 kg/時
  • 蒸着の厚み: 0.2~12 mm
  • 蒸着の硬さ: 20~62 HRC

特長

  • 使い方が簡単: 1ステップ: 蒸着+融合
  • 強力な結合: 厚み 0.2~12 mm
  • 滑らかな表面

お問い合わせ

Sales & Technical support
詳細およびご要望は、各販売会社にお問い合わせください。
問い合わせ
問い合わせフォーム
担当者
Technical area: Surface coating
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
最高経営責任者(CEO)/オーナー 調達 設計技術者 ビジネス開発者 機械装置オペレータ その他

お問い合わせいただきありがとうございます

{{contact.TechnicalArea}}について{{contact.TypeOfContact}にお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
後ほど担当の者より折り返しご連絡いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

エラーが発生しました

プライバシー保護に関する方針

私は、ヘガネスが、私と連絡をとる目的で、私の個人データを利用することに同意します。 また、私の連絡先情報をニュースレターやその他関連情報といったマーケティング目的に使用することに同意します。 データが第三者と共有されることはありません。 また、16歳以上であることを認めます。

個人情報の取扱いに関する詳細は、弊社のプライバシー保護方針でご確認いただけます。

利用規約に同意します
You must accept the terms of service before you can proceed. 利用規約に同意する必要があります。
Technical area: Surface coating
{{country.text}}
営業 テクニカルサポート
{{contact.name}}
{{contact.name}}
販売会社
{{contact.position}}
{{contact.name}}
{{contact.name}}
{{contact.position}}

粉末溶接工程における問題

粉末溶接の問題解決
問題 原因 解決策
蒸着がはがれる 1. 表面の前処理が不十分(表面の酸化または汚れ
)2. Ra 5を超える表面粗さが必要
3. 予熱温度が低すぎる
4. 予熱温度が低すぎる
5. 鋳鉄製ベース中のSおよびTiの含有量が多すぎる

表面を十分に清浄にする
十分にサンドブラストする
Ra10を超える表面粗さが望ましい
予熱温度を上げる
予熱温度を下げる

割れ

1. 過熱
2. 冷却が速すぎる
3. 基材の硬化

低速冷却 / 制御された冷却

多孔性

1. 表面の前処理が不十分
2. スプレーパラメーターが不適切 3.
スプレーガンのシールが不十分 4.
トーチの粒子分布が不適切
5. 溶接プールの作業方法が不適切
6. 鋳鉄基材に介在物が含まれる

表面を十分に清浄にする
十分にサンドブラストする
パラメータを調整する
シールを交換する

Jarvie Engineering Pty Ltd提供

ArcXコーティングハブ

イノベーションはここから始まります

4つの技術センターでは、材料、表面溶接、フレーム溶射工程およびお客様の用途の専門知識を提供し、既存の用途を最適化及び新しいビジネスチャンスの開発を支援します。

技術センターの詳細はこちら