金属粉を「力」に
成功事例

金属粉を「力」に

多くのマニュアルトランスミッション車にはHöganäsのDistaloy®金属粉、特にDistaloy AEを使用して製造されたシンクロナイザーハブが採用されています。

ギヤシフトがスムーズで「ダブルクラッチ」の必要性がなく、いやなギヤノイズが発生しません。 自動車におけるトランスミッションの同期化は色々ありますが、 実際には異なる速度で回転している部品を一つの一致する速度に同期させる事です。 シンクロナイザーハブおよびシンクロナイザーリングは、トランスミッションの同期化における重要な部品です。

シンクロナイザーハブは、1970年代半ばにシトロエンが自動車製造における金属粉の使用を開拓して以来、Höganäsの Distaloy AEと言う高圧縮アトマイズ低合金鋼粉を利用して製造されています。 Distaloy AEは高寸法精度と優れた性能を兼ね備えた低合金鋼粉で、容易でロバストな製造工程を可能にします。 高い強度と厳密な寸法精度が要求される用途に最適です。 製造業者様にとってのもう1つの大きな利点は、1製品あたりのコストが従来の機械加工に比べて約20〜30%低くなることです。

焼結部品の詳細はこちら